2級建築士への道のり
■受験概要
 試験日 令和3年7月4日(日)(例年7月第1週日曜日に実施)
 

■受験資格

二級建築士試験・木造建築士試験の受験資格は、建築士法第15条において、建築に関する学歴又は資格等(以下「学歴要件」という。)に応じて、必要となる建築実務の経験年数(以下「実務経験要件」という。)が定められています。

 建築に関する学歴又は資格など 実務経験年数(試験時)
大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校、職業訓練校において、指定科目を修めて卒業した者 最短0年
建築設備士 0年
その他都道府県知事が特に認める者(外国大学を卒業した者等) 所定の年数以上
建築に関する学歴なし 7年以上

「学歴要件」は学校の入学年が「平成21年度以降の者」と「平成20年度以前の者」とでは要件が異なり、「実務経験要件」は、以下の実務経験期間ごとに要件が異なります。
  1.平成20年11月27日以前の建築実務
  2.平成20年11月28日から令和2年2月29日までの建築実務
  3.令和2年3月1日以降の建築実務


■出題科目、出題数等

試験種類 試験の区分 主題形式 出題科目 出題数 試験時間
二級建築士 学科の試験 五肢択一式 学科T(建築計画) 25問 計3時間
学科U(建築法規) 25問
学科V(建築構造) 25問 計3時間
学科W(建築施工) 25問
設計製図の試験 あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成 設計製図 1課題 5時間


引用:公益財団法人建築技術教育普及センター 受験資格
    過去の試験問題など
    近年の合格率